チューリップの憂鬱 前編

 

初めてでした。お花を撮りに行って、マクロレンズを使わないなんて…!

 

fl24a

↑ 一見、綺麗なチューリップ畑。遠目で見るには楽しめるのですが…

 

fl24b

↑ 残念ながら、ほとんどが枯れ落ちたり 枯れかかったりしていました。

 

fl24c

↑ 良い状態のお花を見つけるのがとにかく大変で…

 

fl24d

↑ 取り敢えず、変わった品種のものをチェック! こちらは「フォルモーサ」。

 

fl24e

↑ こんなスタンダードな赤は、久し振りに見たような気がする。

 

 

もう終わり頃だろうとは思っていたけど、案内の看板が出ていたし

観光客もたくさん押し掛けていたので、「まだ大丈夫なのね〜」と思って

入園してしまいました。激しく後悔していた割に、続編まであるという…。(笑)

 

 

 

 

6 thoughts on “チューリップの憂鬱 前編

  • 2016年5月8日 at 8:15 PM
    Permalink

    チューリップは憧れの花。こっちでは工夫しないと咲かない花なんですよ。
    なんと、一度も本物を見た事がありません(笑
    それにしても SP500を楽しんでいますねぇ
    難しいレンズなのに、よく使いこなしていると思います。
    素晴らしい!

    Reply
    • 2016年5月8日 at 9:34 PM
      Permalink

      チューリップを咲かすのに工夫が必要〜〜〜っ⁉︎
      実物を見た事がない〜〜〜っ⁉︎
      この手のお話には少しは慣れたつもりでいましたが
      やはりまだ免疫力がついていないようです。(笑)

      SP500、楽し過ぎます!!! しかしそのせいで、どんどん
      他のレンズがお呼びでない状態になってきています。。。

  • 2016年5月8日 at 8:29 PM
    Permalink

    こんばんは。
    私もこの難しいレンズを導入して直ぐに使いこなしているなと、感心しきりです。
    撮影する事も楽しいのですが、このレンズでしか味わえない写りが、なんとも楽しいんですよね♪
    そういえばチューリップ、まだ撮っていないのに散ってしまいました(泣)

    Reply
    • 2016年5月8日 at 9:50 PM
      Permalink

      このレンズは、とにかくシンプルで使いやすい印象です。
      確かに、レンズ独特の写りがあるように思います。
      好みの「しっとり系」に撮れるような気がしていますが
      カメラによっても違うんでしょうねー。

      これから様々なお花が咲いていく季節なので
      お時間のある時に出会ったお花を撮って見せて下さいね。。。

  • 2016年5月8日 at 8:59 PM
    Permalink

    少々状態が悪いとはいえ、この時期にまだチュウリップが咲いているなんて、時期をずらしてGWに見られるようにされているんでしょうね。
    花職人さんは凄いな~
    SP500を早速使いこなすのも凄いな~(笑)

    Reply
    • 2016年5月8日 at 10:03 PM
      Permalink

      実はコンディションは最悪で、出番のないマクロレンズの重みを
      感じながら、正直「お金返して〜」と思いましたよ。

      実は SP500で「撮る」というより、望遠鏡代わりにして
      良い状態のお花を探していた時間の方が長かったんですよ。
      笑っちゃうでしょ〜?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です