守られて

 

オオムラサキの里では、大変な愛情とご苦労の中 新しい命が誕生しています。。。

 

↑ 鳥などに食べられてしまわないよう、ネットを張られた空間で守られています。

 

↑ このコは草を掴んで風に揺られるのを楽しんでいるようでした。

 

↑ 美味しい果実を食べたり飲んだりして、栄養付けてます!

 

 

こうして伸び伸びと育ったオオムラサキも、来月上旬には自然に帰され

大空へ羽ばたいていくのです。

 

 

今年は羽化が見られなかったので、また来年も!という気持ちになりました。

そして かなり難しそうだけど、いつか飛んでる姿を撮りたいものです。。。

 

 

 

 

美蝶 オオムラサキ

 

見目麗しい姿は 今年も健在でした。。。

 

↑ オオムラサキのオス。ずっとずっと繋いでいってもらいたい命です。

 

↑ ちょっと羽を破損してますね…。

 

↑ 撮る時はメスだと思ったけど、この色はどうやらオスだったようです。。。

 

 

 

 

幼虫は食べ盛り

 

虫の中でも、特に幼虫にはご勘弁を願いたいのですが…

 

↑ このコは別格です。可愛いです。… 遠目に見る限り。

 

↑ 食欲旺盛で、こんな体勢でもモリモリ食べてるし。

 

↑ このおてんば娘の行く末は いかに … ???

 

↑ 「それは私です」… と、それはそれは美しい姿になるのであります。。。

 

 

 

 

福砂屋

 

強く願えば、大抵の事は叶うものです。(私の場合、特に食べ物に威力を発揮する・笑)

 

↑ 美味しいカステラが食べたい! と思っていたところ、長崎土産としてゲット ♪

 

 

↑ ついでに最中まで頂きました。そういや、福砂屋さんの最中って食べた事ないかも。

 

 

きちんと箱に入ったカステラを食べるのは久し振りでしたが、子供の頃に食べた

昔懐かしい味がそのままで「甘くて美味しい」と思いました。

多少は昔と違うところもあるのでしょうが、しっとりとした食感と断面の美しさに

感動を覚えつつ、有難く頂きました。

 

 

最中の方は、正直 もっとよそのお店の方が美味しいというか、自分好みではなく

これは万人受けするように作られてるように思いました。

カステラがメインのお店ですから、それでOKですよね。。。

 

 

 

 

 

 

 

紫陽花の名前

 

紫陽花的には 今年は雨に恵まれず、不本意だったに違いない。。。

 

↑ 紫色の花が陽射しの下 咲いていたけど、よく考えたらそういう名前なのよね。

 

↑ 紫の真花と白い装飾花(ガク)。

 

↑ 本当は、こんな状態をたくさん撮りたかったのですが…

 

↑ 蜘蛛の巣が絡まったりして、余り良くない状態のお花ばかりでした。

 

 

カンカン照りがOKなのは、唯一ヒマワリくらいなものでしょうか。

連日の快晴のせいで 仕方なかったのか、テレビ局が取材に来てましたが

良い画が撮れたのかなぁ… ? と大きなお世話ですが、心配になりました。。。