六年

 

早いものでもう六年。小学生なら卒業しなきゃいけない…。

 

↑ 愛猫まるおは、いつもこうして私のいる所へ来てくれた。

 

↑ 最後の一、二年は、かなりしんどかったと思う。ごめんね、無理させて。

 

 

安らかに息を引き取って、幸せそうな顔をして、そのままずっとそばにいたいと

願ったあの日から今日で六年。まだまだ会いたい気持ちでいっぱいです。

 

 

ちょうどひと月前、いつものように天国のまるおに話し掛けていました。

まるお本人は無理だろうから、そっくりな猫に会わせて欲しい、

出来れば抱っこしたい、と。

 

 

その日の7時半頃 帰宅した夫がなぜか勝手口から私を呼び、戸を開けてみると

遠くにまるおに似た猫がこちらを向いて座っていました。

夢かと思いました。すぐ「まるおだ、まるおが呼んでくれたんだ」と思いました。

 

 

慌てて玄関を出て夫と見ていたら、そこへご近所猫のマメちゃんがやって来て

3対1の構図になったので、私だけ少し近付こうとしたら残念ながら逃げられて

しまいました。全く人馴れしていない様子で、警戒心たっぷりなシャム猫さん…

あのコを見たのはもちろん初めてで、この界隈にはマメちゃんとマイケル以外

いないと思っていたし、実際それ以後一度もその猫に会えていません。

 

 

ちょっと不思議な出来事でしたが、実はこういう事はよくありまして

まるおにお願いすると、結構な確率できいてくれます。

その内容は 些細で漠然としたものばかりですが、結果が出るところが凄いし

その実績は上がるばかり。

 

 

しかし、余り人には言えない事ばかりなので(興味もないでしょうし・笑)

夫に話をするくらいです。普段は疑り深い人なのに、信じてもらえるから。。。

 

 

 

 

蜘蛛と紫陽花

 

まだ梅雨入りしていないなんて、嘘みたい…!

 

↑ というわけで、快晴の中 取り敢えず公園の紫陽花と蜘蛛をスマホで。

 

 

雨なしでも 紫陽花はどんどん咲いているようで、このままいくと

土砂降りの中 枯れかかった紫陽花を撮る… なんて事になったりして。。。

 

 

 

 

オオムラサキ 2019

 

どんな蝶よりも…

 

↑ オオムラサキが好き。最初はひたすら綺麗だな〜と思ったものですが…

 

↑ 今はもう親近感いっぱい!美しさはおまけみたいなものです。。。

 

 

 

 

人馴れした蝶

 

梅雨がまだ来ないのをいいことに、大好きな蝶々を見に行きました♪

 

↑ 葉っぱにしがみついている姿は…

 

↑ 幼虫の頃と何ら変わりないのに…

 

↑ 自分の足で歩き出して…

 

↑ 飛べるようになるまで、愛らしい姿に変貌を遂げる。

 

 

オオムラサキがこんなに人懐こいのは、生まれた時から人に接しているから。

自然界は危険と隣り合わせなので、お世話する人あっての命です。。。