ああカフェ巡り

 

カフェプラスドットさん、明日も行きたいな〜と思っていたけど無理なので…

 

↑ この前行った時のお写真を見て、思い出し中であります。。。

 

↑ 前菜も含め、毎日こういう感じのが食べたいんですけど〜。

 

↑ ケーキがあれば尚更。The 理想!ですね。

 

↑ 珍しくハーブティーを注文しました。

 

 

ランチは週1ペース。たまには 誰かが作った美味しいもの食べたいから。

お店選びは悩むけど、それって贅沢な悩みなんですよね。

当分外食出来ないかも… と思うと余計にそう思います。

 

 

私にしては頑張って来た炊事も、そろそろ手を抜いて楽しようかな〜と

思っていたところ、そうはいかなくなってきました。

またお料理が嫌いになるかも。。。

 

 

 

 

エアープランツのその後

 

1つダメにしてしまいましたが、残りの3つは可もなく不可もなく…

 

↑ さほど大きくもならず、そのまんま状態を保っております。。。

 

 

植え替えの手間が掛からないのだから「もっと大きくなってもいいのよ〜」

と思っているのですが、そう都合良くはいかないようです。

最終的には握り拳大くらいになればいいと期待していましたが

そうなるには10年以上掛かりそう…!

 

 

こうなったら一生面倒見るつもりで、気長に待ちましょう。。。

 

 

 

 

阪急電車

 

本が大好きなお友達が、本が苦手な私に貸してくれたのは…

 

↑ こちらの本。何年か前に、映画化されて話題になりましたよね。

 

↑ 関西にいた頃の記憶が蘇る、懐かしさ満載の内容でした。

 

 

大阪人の私には、阪急電車に乗って通学するのは夢でもありましたので

大学は迷わず神戸の大学を選び、四年間阪急電鉄さんにお世話になりました。

今は母の家の最寄駅が阪急京都線にあるので、帰省時には利用していますし

やはり阪急電車には愛着があります。

 

 

本を読んでいて、車窓の景色、車内の関西弁、駅の混雑、ホームの人の流れが

容易に浮かんできては、当時の自分を「ダメダメだったなぁ」と思い出したり

後悔したり、「またいつかあの沿線に住んでみたい」と思ったり。

 

 

全ての人に物語があるように、日々周辺においても事は動いてるんですよね。

電車内では、ぼーっとしてるか寝てるかでしたが、よくよく考えてみると

色んな事もあったような…。

 

 

今は電車に乗ったら皆スマホ… というパターンが多いから、たくさんの

楽しい種(ネタかな・笑)を見逃してしまっているような気がする。

人の話に聞き耳を立てるのは好きではないけど、面白おかしい会話は

関西では日常茶飯事だし、電鉄会社や沿線によって客層が変わるのも

見ているだけで面白い。

 

 

尾道に来た初め頃、三両編成の電車を見て驚いた。

「短っ!」と思ったからです。(逆に運行間隔は長いんですよね〜)

車もバスも電車も、ただの移動手段だと思えばつまらないのかもしれないけど

夢を乗せて走っていると思えば、また違うものが見えてくるかもしれない。。。

 

 

 

 

藤の花

 

続々とお花が咲いていく中…

 

↑ 今年は藤に間に合った!

 

↑ このブドウのような風貌と…

 

↑ 何より色が好き。

 

↑ 紫のカーテンのような、昔持っていたカンザシのような…

 

↑ そして「藤繋がり」で、ある事を思い出して今大忙し…!

 

 

 

 

むかし吉備団子

 

昔 子供の頃に食べていた「きびだんご」とは ちょっと違うらしいこのお菓子…

 

↑ でもその名前は「むかし吉備団子」。普通のとどう違うのかなぁ…?

 

 

お店のホームページに、詳細が書かれてありました。こちらです → 廣榮堂さんHP

どこの業界も同じで、流行ると粗悪品が出回るわけです。

 

 

一番最初に食べた吉備団子は、余りにも期待が大き過ぎて(桃太郎の昔話の影響で)

完全に期待外れだった記憶があります。

その後も岡山土産と言えばこれ!って感じでよく頂きましたが、やはりピンと来ず…

安いばかりで品質管理が悪い所の物だったのかもしれません。

 

 

この「むかし吉備団子」は、素朴で懐かしい感じがします。

弾力があって、日が経つに連れて少しずつですが硬くなっていくのですが

それが自然なんですよね。原材料の大切さを感じながら、美味しく頂きました。。。