三年間を振り返る

 

この三年間、私はいわゆる大殺界でした。。。

 

↑ 振り返ると、もうそれはそれは大変な事ばかり。

 

 

暗黒の時代… と言ったら大袈裟ですが、ありとあらゆる試練が押し寄せ

「今回(の大殺界)はキツいな」と何度も心がポキッと折れました。

でもその度に「どう乗り切ろうか」と考える自分がいて、そうすると

何かしらヒントがポンッ!と出て来て、何とかなったりならなかったり。

 

 

要は心の持ち様、考え方次第なんだという事を自分に言い聞かせ、実践し

そういった事を何度か繰り返すと、それが実績になりました。

考え、思いを巡らせ過ぎて  脳は疲弊していますが、心は丈夫になったかも。

 

 

大殺界と言っても 良い事も多少はあるわけで、今までよりもそれが有難く

感じられて「ああ、感謝が足りなかったな」とわかったり。

頭でわかっている事を心にも落とし込めるまでには、相当の努力と学びが

要りますが、余程の一大事でもない限りは何となくやり過ごしてしまうので

実際一大事が起こった時こそが 理解へのチャンスなのだと、今は思える。

 

 

一年一年、歳を取る分不利になる事も多いけれど、その分きっと何かしら

お得な事もあるし、それをゲットするのは自分次第。

年が変わったら、初心に戻り、また一から積み上げていく日々を送ります。

 

 

皆様、どうぞ良いお年をお迎え下さいね。

いつも見て下さる方、たまに覗いて下さる方、本当に有難うございます。

良いパワーを差し上げられるよう、少しでも恩返し出来るよう努めます!

 

 

 

 

新調

 

断捨離をしている間にも、買うべき物がありまして…

 

↑ お客様用スリッパを新調しました。

 

↑ コロナ禍の中、誰も来やしないと思いつつも…

 

↑ 高級感があるスリッパなので、気に入りました。買って良かったです。

 

 

ずっと夏物3足、冬物3足、間物2〜4足を常備していたのですが

「これってオールシーズン使えるものだったら、4足で良くない?」

と気付いたのです。うちは3足組でも十分なくらいでしたけど。

 

 

古いスリッパを捨てられたのと、今までそれらを置いていた棚が何段か空き

普段は見えない場所ではありますが、また心がスッキリしました。。。

 

 

 

 

電磁波低減ドライヤー

 

話せば長い事ながら… 最近購入したドライヤーがこちら↓↓でして…

 

↑ 去年スルーした電磁波低減タイプ。実は私の本命でしたが…

 

↑ 保証が5年あるこちらを選んでしまいました。

 

 

大温風で、それでいて髪に優しく、フォルムのせいか重さも気にならない

そんな利点がありました。(難点はコードが太過ぎて収納が大変だった!)

 

 

ただですね…

買ってひと月で壊れました。

で、修理に出す時に「きっとまた壊れるだろうから、もうちょっとお金を

払ってもいいから別の物に交換したい」と申し出ましたが却下されました。

 

 

で、一週間ほどして「修理出来ました」と連絡が入ったので取りに行くと…

新品を渡されました。(直せなかったってこと???)

まぁいきなり壊れたわけですから、それなりに対応してもらったのだと

納得するしかありませんよね。

 

 

しかし結局、こんな事が数回続きまして(爆)

まだ一年ちょっとしか経ってないのに、この度で4個めとなる新品箱入り

ドライヤーを渡されそうになったので「いい加減にしてもらえませんか」と。

 

 

事の経緯を話し、上の方にその旨伝えてもらったところ「返金」となりました。

「あ、店内の他の物と交換しなくてもいいんだ!」

「じゃぁ、一からまた選び直そう!」ってな具合です。

 

 

夫は1年しか保証がない物はちょっと…って感じでしたが、何年保証があっても

壊れまくったら一緒なんだからと、今回は私に選ばせてもらいました。

電磁波低減ドライヤーは  思ったより軽いし、優しい風の割に早く乾くような

気がするし、実際頭皮にもダメージないし、とても気に入りました ♪

 

 

良い製品なんだから、3年くらいは保証付けてくれたらいいのにな〜

というのが本音ですけどね。。。

 

 

ゼンケン 電磁波低減 ヘアドライヤー ZD-1000 おまけ付き【送料無料】電磁波 カット ドライヤー 大風量 低温風 遠赤外線 マイナスイオン 静電気除去 イオナイザー【39ショップ】☆

価格:15,400円
(2020/12/18 17:23時点)
感想(10件)

 

 

 

 

Au revoir !!

 

学生時代、頑張ってバイトしたお金でヨーロッパ旅行に行って…

 

↑ パリの本店で買った ルイ ヴィトンのアマゾン。

 

 

こちらもあっさり手放しました。(売りました)

このバッグ、長財布が入らないのよね。

さて、パピヨンはどうしようかな…

 

 

エルメスのスカーフもあっさり売却。

あとはもうブランドらしいブランドは殆どなくなりました。

もう興味もありません。

 

 

私、ミニマリストになります!

(今はまだ目指してる段階ですけどね…)

 

 

 

 

対峙

 

あれもこれも、捨てて 捨てて 捨てて…

 

↑ こんな雑貨も山ほどあって、なぜか安物ほど捨てられないという…

 

 

そもそも高価な物って自分で買ってる率が低くて、割とあっさり

手放しています。「時効」だと思うとバッサリいけます。

 

 

半世紀近くも大切に持っていた物でさえ、「よくもまぁ後生大事に

取っていたものだな」と自分に呆れつつ、サヨナラしました。

 

 

歳を取れば取るほど、手放していかないといけない

そんな思いでいるのですが、半ば終活にも似た感覚でしょうか。

欲しい物より要らない物が多いのは、良いのか悪いのか…?

 

 

色々考えつつ 物と向き合う日々、もう暫くこの生活を続けます。。。