おせち 2021

 

一応 喪中なので、今年のおせちは本当に簡素化しました。。。

 

↑ 元日の晩は 夫だけが実家へ行き、留守番の私は一人おせちを楽しみました ♪

 

↑ 今年のおせちは6品だけ↓にしたので、大晦日は他のおかずも作れました。

 

 

むら雲寄せ・黒豆・田作り・鶏ハム+ゴマだれ・中華なます・干し椎茸のツヤ煮

 

むら雲寄せは、今回はホタテ缶を選び、色んな出汁を使ってしっかり味見をしつつ

作ったら、特に義父に大好評であっという間になくなりました。

 

 

黒豆は義母も作ると言っていたので、うちのは敢えて少し固めに煮て豆感を残しました。

 

 

鶏ハムは前日から下味を付け、普段のようにスチームオーブンで蒸しただけと

余りに簡単だったので、ゴマだれくらいは… と思って作りました。

 

 

いつも好評な中華なますですが、今年は喪中だし「黒砂糖使ってもいいよね〜」と

軽い気持ちで作ったら、何の気なしの両親との会話から義弟が黒砂糖NGだと言われ

「どうしよ〜っ!?」となりましたが、そのまま義弟だけが事実を知らないまま

お昼に会食しました。「これこれ!」と言いながら美味しそうに食べてくれたけど

何度か食べるうちに、きっとバレるだろうな〜。(笑)

 

 

干し椎茸のつや煮は そのままでも美味しいけど、お雑煮にも活用したりしました。

簡単に出来るので、今年はちょいちょい作り置きしよう!と思っています。

今だけかもしれないけど、年が変わってやる気だけは十分なんです。。。

 

 

 

 

月曜日はお好み焼きの日

 

うちでは大抵、月曜日がお好み焼きと決まっています。。。

 

↑ O型なのに几帳面な夫は、なるべく綺麗な形に焼こうとします。

 

↑ 私はこんな感じでも全然OKなんですけどね〜。

 

 

いつもある程度は材料に拘っているのですが、お気に入りの焼そば麺が

「なんか美味しくない!?」と思ってよく見てみたら、麺自体が平麺っぽく

なっていました。仕様が変わったのかもしれません。

 

 

他にも仕入れの関係で、もやしや天かすをいつもと違う物に変えた事も

ありますが、それはそれで何とかなってきたので余計に残念です。

もちろん味を大きく左右するキャベツや豚肉も大事なのですが

その他脇役の食材も主張し過ぎず、それでいて存在感がないと

お店レベルの味には到達出来るものではありません。

 

 

色々偉そうに語っておりますが…

私は結婚後、一度もお好み焼きを焼いた事がありません。

どうぞ悪しからず。。。

 

 

 

 

クリームパスタ

 

鶏とブロッコリーときのこのクリームパスタ♪

 

↑ ソースが控え目なのは、夫の方が多く分量を取ってるから。

 

 

週一くらいで食べたいと言われてるパスタですが、それぞれの食事時間や

量や食材によって1人分ずつ作らないといけない事もあり、面倒なんです。

昔はまとめて作れたし、レパートリーも少なかったし、手を抜きたい時は

よく作っていたのですが…。

 

 

まぁでも、スープスパならフライパン1つで作れるし、量も適当にして

これからは色んなソースのパスタをもっと作っていこうかな、なんて

思ったりしています。無限の組み合わせが楽しめるわけですから。。。

 

 

 

 

普通に焼きそば

 

お昼の一人ゴハンは、温めるだけ〜にしたいけれど…

 

↑ 余ってる袋麺を使わないと!ということで、焼きそばを作りました。

 

↑ 青のりをふり掛け過ぎて、画的にちょっと…(笑)

 

 

4月末に子猫達がやって来てからというもの、夫が休みを増やしました。

朝 家を出るのも1時間遅くして、晩に帰宅するのも30分ほど早くなりました。

コロナのせいで 出張や会食もなくなり、月に3度ほどの外食も無しになりました。

 

 

その結果、夫の在宅時間が物凄〜く増えた一方で、激減するようになったのは

お米! あっという間に「もうこれだけ!?」と思うほどの速さで無くなります。

それで自動的にパスタや焼きそばなど、主食の麺類比率が上がっているのです。

 

 

月4、5回行ってたランチは、今や月1行くのが精一杯。

となると、毎日毎日朝から晩まで献立で頭を悩ませ、手当たり次第に調理しては

「作り過ぎたー!」となるのですが、それでもおかずはすぐになくなります。

 

 

 

今からまた今晩の献立考えます〜。。。(。><。)