秋の大掃除

 

大掃除の前倒しと言えば聞こえは良いけど、実は昨年末の続きとも言えます。。。

 

↑ リビングのレースカーテンを洗って、お天気が良いのでそのまま掛けて乾かし中。

 

↑ カフェカーテンを別の場所で乾かし中。

 

 

 

今回は使っていないレースカーテンも含め、全部を洗うのに2日に分けて

5回くらい洗濯機を回したでしょうか…。

カーテンって フックの付け外し+ 窓拭きなどもセットなので、洗うのに

勇気が要るんですよね。

 

 

換気扇は先月末に担当者(夫)に洗ってもらいましたが、信じられないくらい

綺麗で、逆に「もしかして汚れを吸ってないのでは?」という疑惑が浮上。

フィルターの場所を替えたりして、様子を見る事になりました。

 

 

この時期はまだ暑いけど、気温や水温が高いので洗濯はもちろん掃除にも

適していて、その分エコになるので良いかな〜と思って頑張っています。

あとは不要な物を捨てつつ、細々とした所をチマチマと片付けていきます。

さて今年の年末、笑って過ごせるでしょうか。。。

 

 

 

 

熱中症にご用心

 

今月に入ってからというもの、熱中症の注意報がガンガン出てますよね。

 

↑ 「運動は原則中止」とのことですが、体育の授業など どうするのでしょうか…?

 

 

年々暑さが増して、「夏が好き!」なんていう人も減ってきたかもしれませんね。

猛暑は全てのやる気が削がれるので、昨年くらいからは結構エアコンに頼っています。

以前は「もし地震で電気がストップしたら…」と想定し、扇風機だけで耐えてみたりと

自分なりの訓練をしていましたが、無駄に夏バテするだけなのでやめました。

 

 

今はエアコン使用を皆推奨していますが、それによってまた温暖化が進むのかと

思うと、心が痛みます。。。

 

 

 

 

なかったことに

 

ちょっと可哀想な気もするけれど…

 

↑ 角は危ないし、重いし、なくても良いよね。一方…

 

↑ こちらはなかったことにしたいくらいの我が家の床。(椅子を思いっきり落とした)

 

↑ 夫に角が出るくらい怒られるかと思ったけど、大丈夫でした。(傷を見て絶叫してたけど)

 

↑ そして、床も後日きれいに補修して頂きました。(真ん中のオレンジの箇所)

 

 

こうして見るとよくわかるけど、実際は触っても全くデコボコがないし

普通に立って上から見ても「どこだっけ?」となるほどです。

床に合わせて着色する事は可能なのですが、ここに限っては 多方面から見えるので

どこからどう見ても均一になるよう こういう塗装にしたとの事でした。

(ついでに頼んでいた他の箇所全て 色も柄も完璧だったので 間違いありません)

 

 

気になるお値段も、1箇所の金額でして下さり ただただ感謝です。

当初は床1枚を張り替えるしかないと思っていましたが、聞くと 材木メーカーが大阪で

材料費と工賃はもちろん、職人さんの交通費まで要るので「現実的ではない」と言われ

張り替えを諦めて補修をお願いしたのですが、結果的に良かったです。

 

 

しかし、作業中は薬品の臭いが部屋に充満するし、翌日からちょっと体調がおかしく

なったので、幾ら気軽に頼めるとはいえ、今後は気を付けたいと思いました。。。

 

 

 

 

遅れてきたマイブーム

 

お昼前、いつものように冷蔵庫を開けて…

 

↑ いつもの如く「残り物」をお皿に入れてみたけれど…

 

↑ ちょっと多いな、いや多過ぎる…と、無念だけど 減らしました。

 

↑ まだ全然料理が出来なかった頃、こうしてレシピを書いて残していました。

 

 

ですが、実際に作ったのは 極一部!

今やネットで調べれば「作れないものなどない!」とわかったので、処分しました。

ちなみに、右の3つはどれも結局作らずじまいです。

 

 

ここのところ 食欲旺盛で、とにかく食材を見れば調理する、の繰り返し。

「大嫌い」と公言していたお料理が、まさかまさかだけど…

 

 

… 好きになってきたかも?

お菓子も作るようになったので、キッチンに立つ時間が長くなりました。

熱が冷めないうちに、色んな物作ってレベルアップしたいと思います…!

 

 

 

 

新年早々

 

元旦から、いきなり整形外科を受診する羽目になってしまいました。。。

 

zakka27

↑ 家の中で派手に転んでしまったのは、「家内」が隠れていたせい?

 

 

昨日の朝7時頃、両手に洗濯物を持って階段を降りていたのですが

あと1、2段というところで、目の前の洗面所の方へ気を取られ

足を踏み外してしまいました。

 

 

背中をダダダッと打ち付け、なぜか右足薬指も打撲。

物凄い音に驚いた夫が2階から降りて来て、事情を話しながらリビングへ。

私は持っていた洗濯物を壁のフックに掛けようとするも、手が届かない…

 

 

どうやらそこで意識を失い、ふら〜っと倒れたそうです。

私の異変に気付いた夫がちょうど後ろで抱きかかえて、そのままソファーへ

座らせてくれたのですが、その時の私はその状況を知る由もなく…

 

 

「すぐに着替えろ」と言う夫に「なんで?」と。

鏡を見せられ、呆然。汗をいっぱいかいて、顔面蒼白だったのです。

今思えば、「なりたい肌、陶器のような質感」だったのですが(笑)

あの時は何が起こったのかわからず、ただただ怖かったです。

 

 

元旦からこんな事になるなんて… と思いましたが、整形外科は

患者で溢れかえっていて、「お仲間がいっぱい!」と思いました。

私のすぐ後に来たおじさんは、左膝を激しく痛がっていて、事情を

面白可笑しく話してくれましたが、やはり骨折していたようです。

 

 

私は幸いヒビも入っていませんでしたが、「中には後になって

あの時ヒビが入っていた、骨折していた」というケースもあるらしいし

背骨に沿って擦り傷が酷いので、また近所の外科に消毒に行きなさいと

言われました。「あーあ」って感じですが、こける瞬間を思い出すと

よくこの程度で済んだなとも思います。

 

 

良いように考えて、今年を乗り切っていきます。。。