女の品格

 

最近、手が付けられない中年女性が増えているのはなぜなんだろう…?

 

↑ 好きな方を向いて、普通に咲いているだけで十分幸せな筈なのに…

 

 

人は皆、自分の価値観を大切にしているし、正義を通したいと思っている。

だからと言って、言いたい放題、やりたい放題では毒を撒き散らすばかり。

本当にプライドがあるのなら、まず自分の非を改めなければいけません。

それが出来ないなら、どこかの国と同じじゃないかと言いたくなります。

 

 

歳を取るにつれ、全てが衰え 情けなくなる事もあるけれど

だからこそ 頑張ってる年配の方々の努力や謙虚さ、そして美しい行いを

見ると、明るい未来を感じる事が出来る。同じ女性なら尚更です。

 

 

もし私が思いっきり間違った方向へ進んでしまった時、誰かにハッキリと

それを指摘して欲しいし、自分も聞く耳を持っていたいと思う。

 

 

今までも「これは酷い」と思った女性に何度か巡り会いましたが

黙って引き下がるしかありませんでした。実際、言っても無駄でしたし

私自身が誰かを批判出来る程 大した人間ではなかったからです。

 

 

ただ、きちんと見ていてくれる人もいるので、今までもこれからも

自分なりに頑張るだけ。感謝と品位を持って 先へ進みたいです。。。

 

 

 

 

もう囚われない

 

雨に憂うこの時期を 疎ましく思っていたのは ほんの数年前までのこと。。。

 

↑ 封印されたもの、置き忘れたもの、見つからなかったものでさえ…

 

 

縁があったら、また出会えるのです。

今年が半分終わり、明日からちょっと新しく気持ちを入れ替えて

気負わず、自由に、何事も決め付けないで、取り敢えず笑っていきましょう ♪

 

 

思っていたほど雨が降らないから 言えるのかもしれませんが

梅雨も悪くない。。。

 

 

 

 

睡蓮と山法師

 

紫陽花の時期、こちらのお花達の方が元気でした。。。

 

↑ 睡蓮が多過ぎて、日差しもキツ過ぎて、眩しくて、全く構図が取れず。(笑)

 

↑ 地味に花盛りな山法師。

 

↑ くたびれた紫陽花よりも、ずっと紫陽花チックに咲いていました。。。

 

 

 

 

紫陽花の名前

 

紫陽花的には 今年は雨に恵まれず、不本意だったに違いない。。。

 

↑ 紫色の花が陽射しの下 咲いていたけど、よく考えたらそういう名前なのよね。

 

↑ 紫の真花と白い装飾花(ガク)。

 

↑ 本当は、こんな状態をたくさん撮りたかったのですが…

 

↑ 蜘蛛の巣が絡まったりして、余り良くない状態のお花ばかりでした。

 

 

カンカン照りがOKなのは、唯一ヒマワリくらいなものでしょうか。

連日の快晴のせいで 仕方なかったのか、テレビ局が取材に来てましたが

良い画が撮れたのかなぁ… ? と大きなお世話ですが、心配になりました。。。

 

 

 

 

五月の薔薇

 

今月のお花と言えば、やっぱりバラですよね。

 

↑ 月初めに行った福山のバラ公園は、まだ全然咲いていませんでした。

 

↑ 急に気温が上がって 夏のような日差しだったので、数日後が見頃だったでしょう。

 

↑ 唯一名前が気になったのは「グラナダ」というバラでした。

 

 

次は 秋のバラまでお預けです。

桜は出遅れるのに、薔薇はいつもフライングしてしまう。

次のターゲットは紫陽花。タイミングが合いますように。。。