チューリップの憂鬱 後編

 

色によって違うらしいけど、全般的には「思いやり」が花言葉だそうです。。。

 

fl24f

↑ 仲良く寄り添うオレンジのチューリップを発見したと思ったら…

 

fl24g

↑ また違う所でもラブラブオレンジが!

 

fl24h

↑ 赤い斑入りがキリリとした印象。

 

fl24i

↑ どこにいても自分は自分。決して染まらない。

 

fl24j

↑ 色の濃淡、配色、咲き方でこんなにもイメージが変わるなんて…

 

fl24k

↑ 昔 絵に描いたチューリップの花がそこにあるようだった。。。

 

 

チューリップは、普段から 道端に咲いているものをよく撮っていますが

種が飛んで勝手に生えてくる花ではないので、有難い事なんですよね。

以前、結婚式のブーケにチューリップを選んだ友人がいたのですが、とても

可愛くて「私もチューリップにすれば良かった〜」と思ったものです。

 

 

私のブーケは紫のバラで作ってもらいましたが、何か?(笑)

 

 

 

 

2 thoughts on “チューリップの憂鬱 後編

  • 2016年5月9日 at 10:26 PM
    Permalink

    話題のレンズ(笑)は鳥撮り専用だと思っていましたが
    こんなに素敵に花も撮れるんですね。

    結婚式のブーケが紫の薔薇だなんて・・・オシャレですね~。

    Reply
    • 2016年5月10日 at 4:46 PM
      Permalink

      この日は山の方へ行ったので、鳥も撮れるかな〜って期待したけど
      鳥どころか虫とも出会えず、お花を撮るしかありませんでした。

      ブーケは紫のバラとブルースターでクレッセント(三日月型ね)
      を選びましたが、白い方は造花のカサブランカ(しかも友達のお古)
      で節約したんですよ。(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です