紫芋の外郎

 

かれこれ20年振りに、ういろうを作りました。

 

↑ 紫芋パウダーを使ったので、良い色になりました。

 

 

前回は、信じられないくらいカッチカチになってしまったのですが

今回は、モッチモチで美味しく出来ました。

抹茶はもちろん、きな粉や小豆入りも作ろうと意気込んでおりますが

まだまだ材料や量、作り方を模索中なのでした。。。

 

 

    

    
 

 

 

6 thoughts on “紫芋の外郎

  • 2017年2月21日 at 6:21 PM
    Permalink

    ういろう、自分で作れるんですね。
    名古屋のういろうが有名ですが
    宮崎にも青島というところのういろうは県内では有名なんですよ。
    食感が名古屋のそれと微妙に違います。

    Reply
    • 2017年2月21日 at 9:15 PM
      Permalink

      ういろうって、モッチリした食感が特徴だと思っていましたが
      宮崎は違うんですか?

      私は山口の豆子郎という ういろうに似た和菓子が大好物なんですが
      さすがにそれは自分で作るのは無理なので、普通のういろうなら
      何とか作れるかも… と思って作ったんですよ。

  • 2017年2月21日 at 9:50 PM
    Permalink

    え~!ういろうって自作できるんですか。
    そういえば、何が原料でどうやって作るものなのか全く知りません

    Reply
    • 2017年2月22日 at 5:28 PM
      Permalink

      ういろうの原料はメーカーによって扱う粉が違うようで
      だからこそ「何使っても作れるんだ」とわかりました。

      今日は粉の配合を変えて、きな粉バージョンを作ったんですよ♪

  • 2017年2月22日 at 7:15 PM
    Permalink

    きな粉バージョンですか~。
    食べてみたいです。
    ご近所なら、ピンポ~ン・・・間違いなし(笑)

    Reply
    • 2017年2月23日 at 5:48 PM
      Permalink

      ご近所なら、ピンポ〜ン
      これは私が先にやってますね、きっと。(笑)

      ホントにご近所なら、昼間に試食会三昧の日々でしょう。
      で「お腹いっぱいでもう晩御飯作れな〜い」ってなると思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です