なかったことに

 

ちょっと可哀想な気もするけれど…

 

↑ 角は危ないし、重いし、なくても良いよね。一方…

 

↑ こちらはなかったことにしたいくらいの我が家の床。(椅子を思いっきり落とした)

 

↑ 夫に角が出るくらい怒られるかと思ったけど、大丈夫でした。(傷を見て絶叫してたけど)

 

↑ そして、床も後日きれいに補修して頂きました。(真ん中のオレンジの箇所)

 

 

こうして見るとよくわかるけど、実際は触っても全くデコボコがないし

普通に立って上から見ても「どこだっけ?」となるほどです。

床に合わせて着色する事は可能なのですが、ここに限っては 多方面から見えるので

どこからどう見ても均一になるよう こういう塗装にしたとの事でした。

(ついでに頼んでいた他の箇所全て 色も柄も完璧だったので 間違いありません)

 

 

気になるお値段も、1箇所の金額でして下さり ただただ感謝です。

当初は床1枚を張り替えるしかないと思っていましたが、聞くと 材木メーカーが大阪で

材料費と工賃はもちろん、職人さんの交通費まで要るので「現実的ではない」と言われ

張り替えを諦めて補修をお願いしたのですが、結果的に良かったです。

 

 

しかし、作業中は薬品の臭いが部屋に充満するし、翌日からちょっと体調がおかしく

なったので、幾ら気軽に頼めるとはいえ、今後は気を付けたいと思いました。。。

 

 

 

 

2 thoughts on “なかったことに

  • 2017年3月27日 at 7:42 AM
    Permalink

    おはようございます。
    綺麗に直って良かったですねぇ♪
    クレヨンと呼んでいますが色付きパテで埋めてから着色したのでしょうかね。
    良い仕事してると思います(笑)
    先ずは一安心でしたね。

    Reply
    • 2017年3月27日 at 9:48 PM
      Permalink

      触っても全然わからないのが、一番驚きました。
      そうですね、パテで埋めて着色…という流れのようでした。
      主人も「これでもう傷付けても平気。またまとめて直して
      もらえばいい」と言い出す始末。(笑)

      業者さんに聞いてみたところ、結露などでボロボロになった
      床などもそうやって補修した事があるそうなので
      板を張り替えるという選択肢はもうないでしょうねぇ。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です