和感の中の違和感

 

先日の紅葉フォトと一緒に撮った写真をどうぞ。。。

 

↑ あの日の空。遠い雲。

 

↑ 川の流れに負けない黄色い葉っぱ。水をかぶっているのに、動かない。

 

↑ 赤い実の葉っぱもイイ感じで紅葉していた。…と、ここまでは良かったのですが…

 

↑ これは「違うだろー!」と思ったのでした。。。

 

 

 

 

12月の空

 

寒いと、どうしても窓を閉めっ放しになるけれど…

 

scene5

↑ 12月の夕暮れ時は、すごく綺麗な空を見ることが出来ます。

 

 

忙しい時間帯なので、わざわざ西側の窓を開けに行くことはないし

たまにこういう景色を見ると「おお!そうだった!」と思い出すけど

すぐに忘れてしまいます。。。(笑)

 

 

 

 

稲穂

 

実るほど 頭を垂れる稲穂かな。。。

 

scene4a

↑ 日本人は やっぱりお米を食べなきゃね!

 

scene4b

 

↑ 美味しいおかずと炊き立てご飯は、最高のご馳走 ♪

 

scene4c

↑ 今年もきっと、あっという間に秋は過ぎ去る。。。

 

 

 

 

過ぎ去りし

 

桜色一色だった春を、皆それぞれの形で楽しんでいた…。

 

picture1

↑ 自分の色で表現しようとする人もいれば…

 

cat13a

↑ 自分だけの場所を見つけたコもいて…

 

cat13b

↑ 無防備でいられるのも 春風が暖かいから。

 

fl23

↑ 立ち入り禁止の場所でさえこんなに綺麗だったことも…

 

sso4b

↑ あっという間に過ぎ去りし春の思い出となっていく。。。

 

 

 

 

千光寺の桜

 

「桜はもういい!」と言われるかもしれませんが…( ← 本人が飽きてる・笑)

 

sakura5a

↑ これがよくテレビで放映されている「尾道・千光寺の桜」であります。

 

sakura5b

↑ 人も多いが桜も多い!何でもないような所でも、しっかり咲いています。

 

sakura5c

↑ もう終わり頃に行ったので、たくさん散っていたけれど…

 

sakura5d

↑ 名残惜しくなるくらいの海とのコラボ。

 

sakura5e

↑ 「おのみちマイ桜制度」によって植えられた桜。すごく綺麗だったのは 若いせい?

 

sakura5f

↑ 足跡を付けるのが勿体なくて、通れなかった道も…

 

 

今では何事もなかったかのように、すっきりと土色になっていることでしょう。。。