あれから

 

23年の月日を経て、改めて時の流れの速さを感じる。。。

 

↑ 阪神淡路大震災の被災地。今では遠い神戸。懐かしい場所。

 

↑ それぞれが願った未来は、どんな形になっていったのか…。

 

↑ お墓参りの際、花を取り替えようとしたら このような状態に!

 

 

水が凍って、ガラスの花瓶のようになっていました。

危ないので 打ち付けて割りましたが、破片になっても溶けずにそのまま。

雪が降るほどではないにしても、地震の朝もこれくらい寒かった事を思い出す。

 

 

人生は、ある程度の試練があって かなり苦労した方が良いのだと思うけど

予期せぬ天災や自分に何の落ち度もなく迫ってくる不幸は 本当に勘弁して欲しい。

この世に生まれた運命だと思えるほど、まだ精進していません。

 

 

大災害も戦争も、自然破壊と自己主張をやめさえすれば減少すると思うので

個人の極小レベルでもやっていくしかありませんよね。意識しましょう。。。

 

 

 

 

2 thoughts on “あれから

  • 2018年1月17日 at 8:43 AM
    Permalink

    おはようございます。
    私も東日本大震災を経験しましたが、日本全国、大雨や土砂崩れなど天災が続いていますね。
    皆で力を合わせる。本来当たり前の事なんでしょうけど、人のありがたさを心から感じたものでした。
    受けた心の温かさを返していかねばと思っています。

    Reply
    • 2018年1月17日 at 5:39 PM
      Permalink

      大災害はもちろん、天才の度合いが年々確実に増していて
      日本全国どこもかしこも安全な所なんてありませんね。

      災害は人の命や財産だけでなく、心まで奪っていくのでタチが悪いです。
      一方、人の優しさに触れる事で トラウマにならず、早くに日常を
      取り戻せるのも確かですよね。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です