プチハプニング

 

もうすっかりここが「我が家」だと認識してくれているようでして…

 

↑ 自分達専用のソファもゲットし、余裕のアルバートとシャーロットですが…

 

 

昨日のお昼前に 突如アルソックの操作盤のボタン複数が点灯し、まず私が焦りました。

電池切れのお知らせだったようで、午後から作業員の方が来てくれることに。

で、家中に取り付けられた機械やリモコンまでそれぞれ全部電池交換することになり

アルシャロの所にも…!

 

 

2匹とも「何事!?」って感じで、ビビってるような落ち着いてるようなよくは

わからない表情をしていました。幸い作業員の方が猫をスルーしてくれたので

それが良かったのかも?と今になって思ったりしています。

 

 

先代猫のまるおは いつも押入れに隠れてもらっていたのですが、やはりたまには

こんな事もあるわけなので、こうして少しずつ慣らしておくのもいいかな…

と思った出来事でした。。。

 

 

 

 

ブルーポイント?

 

少しはコツを掴めたつもりでも、まだまだ油断ならないのは・・・

 

↑ シャーロットの扱い方。いまだによくわからない猫の不思議。

 

↑ このコは洞察力に優れている。でも、それがイマイチ生かされていないような…。

 

 

アルバートと兄妹関係ではあるのだろうけど、全然シャム猫っぽくないなと感じていて

Instagramで様々な猫友さんと交流するうち「ロシアンブルーブルーポイント」という

猫種(?)に近いかもと思うようになって来ました。

 

 

それなら何かと納得出来るのです。

このコ自体の「性格」もあるけど、やはり「血縁」だったり「DNA」には

絶対的なものがありますから。

 

 

これから「環境」という要素を加えることによって、しっかり育てていかなければ

と思いつつ、一方では「どうすりゃいいのよ〜?」という気持ちもありますが

今は見本がすぐ見つかる時代なので、何とでもなる!と思ったりもしています。。。

 

 

 

 

教育次第

 

成長するにつれ、さほどまるおに似てないかも?と思う時もあったけど…

 

↑ 最近のアルバートはどんどん初代猫まるおに似てきている。

 

↑ ちょっと落ち着いてきたのが一番かもしれない。

 

 

ですが、まだまだ子猫っぽさも抜け切れず可愛さ満開 ♪

甘えん坊なところ、純粋なところ、ビビリなところは

きっとずっとそのままでしょう。

 

 

少しずつ空気の読める賢いコにもなりつつあります。

なぜって、最近漸く私の教育方針が浸透しつつあるからです。。。

(誰かさんは甘過ぎて教育担当には全く不向きなので・笑)

 

 

 

 

わがまま娘

 

保護猫カフェではお姫様扱いされていたシャーロットも、今では・・・

 

↑ 毎日のように私と椅子取りゲームで張り合っています。。。

 

 

「どきなさいよ!」「そっちがどきなさいよ!」

「これ、私の椅子なんだからね!」「違うわ、私のよ!」

 

 

てな具合です。

どちらも小尻なので(笑)、狭い椅子にふたりで腰掛けることも

ありますが、基本的に早い者勝ちです。

 

 

わがまま娘と大人気ない私は、日々小さなバトルを繰り広げております。。。

 

 

 

 

八年

 

今日はまるおの祥月命日です。。。

 

↑ こんな写真あったっけ?と思いながら、思い出に耽りました。

 

 

もう八年になりました。

自分が歳を取ること、日々の生活の中での時間の流れは とても速いと

感じますが、まるおが亡くなってからの数年は信じられないほど遅く

もどかしいものでした。

 

 

昨年2匹の子猫を迎えましたが、やはり何かとまるおと比べてしまい

あのコがどれほど優秀で有難い存在であったか思い知る事となりました。

本当に手の掛からないいいコでした。

それなのに私は、今よりもっとずっとまるおを叱っていた。

 

 

いまだ反省ばかりですが、これも教訓にしないと脳がないので生かします。

 

 

まるお、見ててね。

頑張るから応援してね。。。