紫陽花が遠い

 

撮る気満々の時には、空はカンカン照り。

 

↑ それでは紫陽花は撮れません。と言うのは言い訳ですが。

 

 

かつては超雨女だったのに、いつ頃からか様子が変わってきました。

生まれたのは嵐の日。それ以後「◯◯式」やら「◯◯会」と名の付くものや

学校行事も、当たり前のように雨ばかりでした。

 

 

今年の夏も局地的な大雨が多いと気象予報士の方が言っていたので

気を付けないといけないとは思うけれど、注意の仕様が無いような…

雨は降らなさ過ぎても困るし、加減出来ればいいのにね。。。

 

 

 

 

もう囚われない

 

雨に憂うこの時期を 疎ましく思っていたのは ほんの数年前までのこと。。。

 

↑ 封印されたもの、置き忘れたもの、見つからなかったものでさえ…

 

 

縁があったら、また出会えるのです。

今年が半分終わり、明日からちょっと新しく気持ちを入れ替えて

気負わず、自由に、何事も決め付けないで、取り敢えず笑っていきましょう ♪

 

 

思っていたほど雨が降らないから 言えるのかもしれませんが

梅雨も悪くない。。。

 

 

 

 

紫陽花の名前

 

紫陽花的には 今年は雨に恵まれず、不本意だったに違いない。。。

 

↑ 紫色の花が陽射しの下 咲いていたけど、よく考えたらそういう名前なのよね。

 

↑ 紫の真花と白い装飾花(ガク)。

 

↑ 本当は、こんな状態をたくさん撮りたかったのですが…

 

↑ 蜘蛛の巣が絡まったりして、余り良くない状態のお花ばかりでした。

 

 

カンカン照りがOKなのは、唯一ヒマワリくらいなものでしょうか。

連日の快晴のせいで 仕方なかったのか、テレビ局が取材に来てましたが

良い画が撮れたのかなぁ… ? と大きなお世話ですが、心配になりました。。。

 

 

 

 

枯紫に

 

どんなに綺麗な花々に囲まれていようと、気になってしまう。。。

 

fl41

↑ 枯れた紫陽花の集団に、見て見ぬ振りが出来ず 撮っていたら…

 

ins-t19a

↑ 2㎝くらいの虫が、紫陽花に留まった。

 

ins-t19b

↑ これ、何ていう虫なのでしょう?

 

 

ご存知の方がいらしたら、是非お教え下さいませ。。。