阪急電車

 

本が大好きなお友達が、本が苦手な私に貸してくれたのは…

 

↑ こちらの本。何年か前に、映画化されて話題になりましたよね。

 

↑ 関西にいた頃の記憶が蘇る、懐かしさ満載の内容でした。

 

 

大阪人の私には、阪急電車に乗って通学するのは夢でもありましたので

大学は迷わず神戸の大学を選び、四年間阪急電鉄さんにお世話になりました。

今は母の家の最寄駅が阪急京都線にあるので、帰省時には利用していますし

やはり阪急電車には愛着があります。

 

 

本を読んでいて、車窓の景色、車内の関西弁、駅の混雑、ホームの人の流れが

容易に浮かんできては、当時の自分を「ダメダメだったなぁ」と思い出したり

後悔したり、「またいつかあの沿線に住んでみたい」と思ったり。

 

 

全ての人に物語があるように、日々周辺においても事は動いてるんですよね。

電車内では、ぼーっとしてるか寝てるかでしたが、よくよく考えてみると

色んな事もあったような…。

 

 

今は電車に乗ったら皆スマホ… というパターンが多いから、たくさんの

楽しい種(ネタかな・笑)を見逃してしまっているような気がする。

人の話に聞き耳を立てるのは好きではないけど、面白おかしい会話は

関西では日常茶飯事だし、電鉄会社や沿線によって客層が変わるのも

見ているだけで面白い。

 

 

尾道に来た初め頃、三両編成の電車を見て驚いた。

「短っ!」と思ったからです。(逆に運行間隔は長いんですよね〜)

車もバスも電車も、ただの移動手段だと思えばつまらないのかもしれないけど

夢を乗せて走っていると思えば、また違うものが見えてくるかもしれない。。。

 

 

 

 

夜廻り猫

 

友達が貸してくれた漫画本、つい読むのを後回しにしていたけれど…

 

↑ 軽く読めて、でもズシリと心に残る、深面白い内容でした。

 

↑ 読む人によって、受け取るメッセージも違うことでしょう。

 

 

この本を返しに行ったら、彼女は 第2巻とたくさんのみかんをくれて

「フフ、これでまた会える口実が出来た」とひと言。

手作りお菓子と私のどちらが目当てなのかは さておくとしましょう。。。

 

 

 

 

   

 

 

 

 

儚げ

 

鯉が昇った5月もそろそろ終わりですね…。

 

↑ ずっとこのハカナ画を「ハカナガ」だと思っていたのですが…

 

↑ 「はかなげ」と読むらしい。この度の指摘は、知名度が上がった証明かも。

 

 

今月に入り、一気に気温が上昇してこのまま夏に突入するのかと思ったら

ここ数日は寒かったりします。でも明日からまた暑くなるとか…。

寒暖差があって体調管理は難しいけれど、花粉もひと段落して今が一番良い季節!

一年中、これくらいの気温がずっと続けばいいのに。。。

 

 

 

 

またまたハカナ画

 

先月22日から29日まで公開された『ハカナ画』をご覧下さい。。。

 

↑ 亀とキリンの大きさが逆転してる。絵心のない私でも惹きつけられる独特の世界観です。

 

↑ この日はこんなに歩きました。(100均の万歩計です)

 

 

何か良い万歩計はないかな〜と、少し調べてみたところ

今は「活動量計」なるものがあるんですね。

ウェアラブルタイプ(リストバンドや時計みたいなもの)が欲しい!

と思いましたが、どれを買えばいいのやらさっぱりわかりません。

 

 

どなたか詳しい方がいらしたら、是非グッドアドバイスをお願いします。。。

 

 

 

 

 

 

ありがとう

 

ありがとうと言えば、ありがとうが返ってくる人生になる。

 

picture5a

↑ ありがとうを言いたい人に限って、あちらから先に言われてしまうのだけれど。

 

picture5b

↑ 他人は皆、自分にはない考えや発想を持っているから

 

picture5c

↑ そんな誰かの感性に触れるだけで、ありがたいやら嬉しいやら。。。