僅かな復讐

 

学習能力のない人は嫌いです。。。

 

↑ 人生は一度きりなのに、一度しか咲かないのに、なぜ同じ過ちを繰り返す?

 

 

人は 結局、同じ事を繰り返す。

同じ事を思い、考えるから、同じ行動を取ってしまう。

 

 

若い頃は失敗も経験の内で、プライドが捨てられなかったり、我慢が出来なかったり

意地を張って自分の立場を悪くしたり… なんて事もよくある話ですが

ある程度の年齢を重ねてくると、「これはきっと堂々巡りだ」とか「不毛な時間だ」

という事がわかって来て、「取り敢えずこちらが折れておこう、それで済むのなら」

と、怒らせていた夫に珍しく私から謝ってみたんです、みたんですが…

 

 

そんな事は滅多にないので ここぞとばかりに「いつも謝るのは自分ばかりだった」

などと くどくど言われ、「素直に謝る人に向かって何よその態度は!」とか

思いつつ、心の中で「復讐だ!復讐してやる!」と叫んでいました。(笑)

 

 

暫くすると、キッチンにいた私に夫が近寄って来て「俺も悪かった」と言ったので

私はまたも心の中で「俺も!? 『も』って何よ!」「私に触るんじゃないわっ!」

と再び叫びつつ、表面では平静を装っていました。

 

 

只今私は大殺界のど真ん中ですから、いつもの自分とは真逆の行動を取る事で

殺界の魔力を弱めるという方法を選んだわけです。

それと 損得勘定をして、お金も労力も時間も掛けずに済む方法はこれしかなく

速やかに「業務遂行」したのでした。

 

 

今まででは考えられないくらい、冷静で強かな自分に驚きましたが、年の功かな。

自分の幸せは自分で守らなくちゃいけないし、その為だったら何でもします。

これは先月の話だったのですが、僅かな復讐を繰り返しもうスッキリしました ♪

 

 

が、世の旦那様方は やはり余り奥さんを怒らせない方が身の為だなと思いました。

あ、深い意味はありません。。。

 

 

 

 

6 thoughts on “僅かな復讐

  • 2019年2月9日 at 9:24 PM
    Permalink

    そうそう・・・
    その一言、いえ、一文字
    大事ですよね~。
    「俺も」ではなく「俺が」でしょーーー。
    わかるわかるーーー。
    もう例を挙げればきりがないですよね。
    我が家は、「夕飯○○と○○どっちがいい?」
    との問いに「○○でいい」といつも答える。
    「で」じゃなくて「が」でしょ・・・とムッとなります(笑)
    思わず大笑いした今日の「ががりび。」でした。

    Reply
    • 2019年2月9日 at 9:39 PM
      Permalink

      「○○でいい」などは、うちも一緒です。

      だから「『何でもいい』は生きてないのと一緒!」と
      言ってやるんですよ。ちょっとは考えろっつーの!

      もう喧嘩する元気がない… というよりは、「そんな事にも
      あなたにも構ってる暇ないの!」って感じなんですよね。
      だから今回もひたすら「面倒臭いわー」と思ってました。(笑)

      実は結構重たい内容なのですが、大笑いして頂けて良かったです。
      日々の幸せ、死守しました〜!

  • 2019年2月10日 at 7:40 AM
    Permalink

    復讐してやるって(笑)
    自慢ですけどウチは全くケンカとかないんですよ。
    相手が悪いと思っても「ゴメンね。自分が気付かなくて」というスタンスでお互いに言うのと、ほとんど根に持たないので、いつもくだらない事を話しながら笑っています。
    私が仕事ばかりで家に居る時間が少ないというのもあるんでしょうけどね。
    またこの処、子供の虐待など信じられないニュースが続いていて、なんでそんなふうに出来るのか理解できなくて、そしてとにかく可哀想で、そんな気遣いがちょっとでも出来るだけで良いのにと思っていたのでした。

    Reply
    • 2019年2月10日 at 4:12 PM
      Permalink

      復讐と言ってもですね、実は主人に都合の良い事だったりします。

      私は彼にムカつけばムカつくほど、晩御飯の品数を多くしたり
      味付けを少し濃くして一般向けに美味しくします。
      ご飯の量もいつもより多くして、「こんなに美味しいのに
      全部たくさん食べ切れなくて残念ね」という演出をするのです。
      お酒も「どーぞどーぞ、好きなだけ飲めばいいわー」ともなります。
      (ダイエットや健康管理について、非協力的になるという事です)

      bluem家はまさにお手本のようなご家庭だと思います。
      元はと言えば 夫婦なんて他人なのですから、分かり合えなくて
      当然だし、それなりに努力や我慢あってのものなのでしょうね。。。

  • 2019年2月10日 at 8:42 AM
    Permalink

    おはようございます。朝一番に「あらYOKOさん なかなかやるじゃない!」
    若かった頃は家出してましたが、もう帰る実家もないのでひたすら「ごめんね」の繰り返し。
    先に謝った方が家の場合は勝ちですね(夫は謝りません)。復讐は長く続きます。ネチネチと永遠に・・・やっぱりいつでも私の勝ちです(笑)。
    私の母と猫が同居しているので下手に出て、ひたすら低姿勢で遊び歩いている毎日です。

    楽しい投稿でした。ありがとう(笑)

    Reply
    • 2019年2月10日 at 4:44 PM
      Permalink

      HIMAWARIさん、今回ばかりは自分で自分を褒めましたよー。
      「負けるが勝ち作戦」を思い付いた時は、何でもすぐ顔に出る私に
      出来るのかしら?と不安になりましたけどね、実は。

      私も帰る場所がない身なのですが、この家は今までの謝罪代わりに
      買ってもらったものなので、出て行くのは主人の方なんですよ。
      なので、今回も俯瞰 & 客観的に判断出来たようなものです。

      「主人は他人。」と割り切って、距離感と遠慮を持つのがいいですね。
      「他人なのに生活の面倒を見てくれてる」と思うと感謝したり。(笑)

      HIMAWARIさんは 本当に賢いやり方!さすがです!
      猫達も皆、きっと拍手喝采してると思いますよ…♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です