鶏肉系おせち

 

直前まで、おせちを作るかどうか悩んでいたのですが…

 

food4a

↑ 作り慣れたものだけ 調理しました。

 

food4b

↑ かまぼこと黒豆は市販品で賄いました。

 

food4c

↑ 夫の実家用はお重に詰め、義弟が好きな鶏肉をドーンと入れています。

 

 

年末、義母が「おせちの注文をしたつもりが、出来てなかった」と告白。

私はギャルのように「お母さん、ウケるーーー!」と大笑い。

そして「じゃぁ作ろうか」ということに。

 

 

しかし、年々作る品数も量も減ってきてはいるものの、作り終わると一気に疲れます。

「今度こそ終わりにしよう!」といつも思うのですが、他の豪華なおかずを差し置いて

義妹と義弟が私のおせちを絶賛してくれるので、つい調子に乗って作ってしまう…

というパターンを繰り返しています。

 

 

今回は材料の買い出しが出遅れた分、調達出来なかった食材が幾つかあり、その分を

作らずに済んだので まだ楽でした。「無理せず頑張る」ってやっぱり良いです ♪

 

 

 

4 thoughts on “鶏肉系おせち

  • 2016年1月3日 at 10:24 AM
    Permalink

    私もこんなおせちをいつかは作ってみたいと思いつつ、
    また新しい年を迎えてしまいました。
    喜んでくださる人がいるだけで、作ろうという意欲が沸くから不思議ですよね。
    どれもヘルシーで美味しそうです。

    Reply
    • 2016年1月3日 at 9:56 PM
      Permalink

      「皆の好きなものを作る」という点では一緒じゃないですか〜。

      普段は酢の物を絶対に食べない義弟が、私のなますだけは食べるんですよ。
      彼は好き嫌いが多いけど、結構グルメで味にはうるさいので、褒められると
      「食べて食べてー!」ってなりますよね。(単純だわ〜)

      どれも割と薄味なので、「幾らでも食べられる」と言われます♪
      なので、結局ヘルシーじゃなかったりして?(笑)

  • 2016年1月3日 at 7:04 PM
    Permalink

    いやはや、YOKOさん偉いな~ お雑煮とかも作ります?
    お雑煮は生涯で一度しか食べたことが無いのですよ。
    是非ともゴチになりたいです(笑)

    Reply
    • 2016年1月3日 at 10:11 PM
      Permalink

      お雑煮ももちろん作りますよ〜。
      余り手の込んだものは作りませんが、何でもご馳走しますよ〜ん♪

      お雑煮食べたのが生涯で一度!? ← 結構な衝撃です
      地域によってお餅の形や具はもちろん、出汁も異なるので面白いですよ。
      食の世界でも、「異文化交流」を楽しんでもらいたいものですわ。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です