防災の日

 

誰もが 災害になんて遭いたくない と思っている。

 

zakka19

↑ 夢のマイホームが 崩れたり、流されたり、押し潰されたりなんて…

 

 

考えただけでも途方に暮れてしまうけれど、危機管理能力だけは

高めておきたいところです。もう「他人事」では済まなくなってきたし。

山側は崖崩れ、海側は津波、住宅密集地は火事、埋立地は地盤の弱さ…

どこへ住んでも何かしら心配事は付きもので…

 

 

健康・体力・お金があれば何とかなる!

やっぱり日々の積み重ねが物を言うのでしょうねぇ。。。

 

 

 

 

4 thoughts on “防災の日

  • 2016年9月1日 at 5:00 PM
    Permalink

    防災の日の前日にグラッときたので少しビックリしました(^^;
    昨年は広島でもすごい水害でしたもんね。
    絶対安全な場所ってないですね。

    健康・体力・お金・・・揃って維持するのは少し難しい気もしますが
    日頃から気をつけておかないといけませんね。

    Reply
    • 2016年9月1日 at 8:18 PM
      Permalink

      広島の土砂災害は もう二年前になるんですよー。
      (ちなみに私は三年前かと思っていました・汗)

      阪神淡路大震災の時に、いざとなったら何も出来ない事に
      気付いたんですよね。被災の後は、結局お金が物を言うんだ
      って事も知ってしまいましたしね。

      何より、どこにいても走って逃げられる体力が1番大事ですよ。
      命があれば、生きてさえいれば、絶対何とかなりますから!

  • 2016年9月2日 at 8:59 AM
    Permalink

    災害にあった誰もそれを望んではないですが、不幸にもそうなることはあります。
    人は自然の恵みで生かされているわけで、崖崩れが怖くてもも、津波が怖くても、山や海のそばに住まざるを得ない人もいるわけですよね。

    今のところモンゴルの遊牧民が一番災害ダメージが少ないでしょうかw

    自分は大丈夫と思わずに、日頃から備えておくことが大事ですよね。

    Reply
    • 2016年9月2日 at 2:18 PM
      Permalink

      どこへ住んでも、絶対に大丈夫とは言い切れませんものね。
      天災の被害がなさそうな所でも、車が突っ込んで来れば悲劇だし
      ハリケーンに備えて地下室を作っても、水没したら終わりだし。

      ただ、「そこはないだろ〜」みたいな所に住んでいる人には
      同情しづらいです。(崖に無理矢理… っていう家があるんです)

      遊牧民の一番の強みは、臨機応変さが身に付いている所でしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です