断水・覚書(1日目・2日目)

 

西日本豪雨の影響で 思いも寄らぬ断水となったわけですが…

 

↑ 全てはここから始まった。

 

うちの周辺でも雨は降り続いていたけれど、そこまで危機感を感じる程では

ありませんでした。しつこく警報の知らせが来る事の方がむしろ恐怖でした。

 

以下、この度の振り返りです。思い出しながら、書いていきます。。。

 

 

  • 7月7日(土)

 

11時半頃、市から「12時より尾道市内全域断水」との通知

(うちは僅かながらも16時半頃まで出続けた)

その間 浴槽やバケツはもちろん、お鍋に到るまで水を貯め…

 

↑ 生野菜を使い切る為料理をした。(ポリ袋で和え物から煮物まで出来ます)

 

御飯をうっかり炊いてしまった ← 後々、洗い物が大変だった

(しかし断水期間が長引いたので、結果としては良かった)

 

夕方、何もないのを知りつつスーパーへ

パンやお弁当などは一切なし

お水は、少し味がついたようなものが残っていただけ

 

↑ 棚に1つ残っていたこの小さな紙コップは、結構活躍してくれましたよ。

 

 

  • 7月8日(日)

 

朝になり「洗濯どうしよう!?」と一瞬思ったものの、早々に諦め…

 

↑ お掃除シートであちこち拭き掃除だけしました。

 

そうこうするうち、夕方エアコンが音を立てて壊れ、電話で修理依頼(涙)

 

慣れない水無し生活で、一番手間取ったのは食事の準備

その後段々ズボラに(要領良く)なります

 

↑ ろくに手も洗えないので、こういう容器を駆使しました。

 

片手で持てるのと、注ぎ口の大きさが調整できるところがポイント

これは洗顔の時も重宝しました

ちなみに石鹸などはすぐに水で濯がず、一度ティッシュで泡を拭き取ってから

洗うようにすると、少ないお水で洗う事が出来ました

 

翌日へ続く。。。

 

 

 

 

4 thoughts on “断水・覚書(1日目・2日目)

  • 2018年7月20日 at 7:38 AM
    Permalink

    おはようございます。
    こういう備忘録は良いですね!
    私も震災の時の経験を綴っておけばよかったと思いましたです。
    ウエットティッシュってかなり役立つんですよね。防災時アイテムの一つに加えていました。
    勉強になります。続きも楽しみです。

    Reply
    • 2018年7月20日 at 9:38 PM
      Permalink

      1週間に及びましたので、途中を思い出すのが一苦労ですが
      やはり残しておきたいと思いまして。

      全てがちょっとした事なんですが、体験しないとわからないし
      せっかく気付いた事ならば、覚えておかないと意味ないですもんね。

      防災は、これから死ぬまで誰もが心掛けないといけませんから。。。

  • 2018年7月20日 at 8:04 AM
    Permalink

    え~~~
    ナイロンの袋で煮物ができるんですか???
    和え物わかる気がしますけど。。。
    これは凄い。災害時には大いに役立つこと間違いなしですね。
    その他、色んな知恵がいっぱい。
    メモメモ~が盛りだくさんの記事です。

    Reply
    • 2018年7月20日 at 9:45 PM
      Permalink

      以前、ポリ袋で作ったスコーンの生地を紹介した事が
      ありまして… ☆こちらです☆

      ポリ袋で作るとですね、調味料が少しの量で済むんですよ!
      あと洗い物が減るという利点もありますが、ボウルの方が
      扱いやすい食材もあるので、そこは臨機応変に対応しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です