七年

 

今日もあの日と同じようなお天気でした。。。

 

↑ 今でも一番愛おしい愛猫、今日はまるおの祥月命日です。

 

 

2ヶ月前から2匹の子猫達と暮らしているのに

何でだろう、こうして写真を見るだけでまた泣けてくる。

あの日に引き戻されるのかな。

今思えば、一番辛かったのは あの日ではなかったのに…。

 

 

息を引き取った時は、その前の方が不憫だったので正直ホッとした。

絵に描いたような亡くなり方、思い描いた最期を迎えられたので

悲しいけれど、その時は納得していた。

 

 

翌日、うちのどの部屋からも一切猫の毛が見当たらなくなり、一気に

喪失感が押し寄せたことを今でも覚えています。

日常の当たり前がそうでなくなった瞬間でした。

 

 

私達にとって、あのコはずっと特別な存在です。。。

 

 

 

 

4 thoughts on “七年

  • 2020年6月26日 at 5:48 PM
    Permalink

    えーーー
    もう7年も経つんですね~。
    ということは、私たちも7歳も年を取ったということなのか。
    まるおくん、とっても幸せだったと思います。

    Reply
    • 2020年6月26日 at 9:31 PM
      Permalink

      7年って結構な年月でしょ〜。
      そりゃ私達も年取りますよね。

      まるおのこと、そんな風に思って下さって感謝です。
      それが一番の望みでしたから。。。

  • 2020年6月27日 at 7:17 AM
    Permalink

    おはようございます。
    思う心の大切さ、今でも愛されている事、天国でも感じてくれていると思います。
    そういうYOKO*さんの優しさにも感動しますし。
    仕事で殺伐とした事も続いていたので、人の心の優しさに触れられてほっこりしました。

    Reply
    • 2020年6月27日 at 5:29 PM
      Permalink

      子猫達と暮らし出してから、より一層まるおへの感謝の
      思いが高まり、今はもう完全にリスペクト状態です。(笑)

      殺伐とした状況に身を置きつつも、こういうコメントが
      出来るbluemさんにも改めて感謝です。
      努めて簡単に出来ることではないけど、少しでも優しい
      自分でいられたらいいなと思っています。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です