お斎

 

先日法要の食事会があり、二年振りに魚信さんへ行って来ました。

 

↑ 手前はアスパラ豆腐、奥はオコゼの薄造り。

 

↑ メバルの煮付け・里芋・竹の子・きぬさや。

 

↑ 牛ステーキ・ポテト・人参・アスパラ。

 

↑ オコゼの唐揚げ・串銀杏。

 

↑ ウニ御飯・オコゼの赤出し・針葱・順才。

 

 

果物は立派なメロンでしたが、撮り忘れました。(笑)

 

 

二年前とほぼ同じメニューでしたが、いつもご挨拶に来てくれる女将さんが

いらっしゃいませんでした。お会計前にとても丁寧にお礼をおっしゃって下さった

女性の方がいらしたのですが、もしかしてその方と交代されたのかもしれません。

(勝手な推測です)

 

 

六月も今日で終わり。私の大殺界もちょうど半分が過ぎようとしています。

まぁ次から次へと色々ありますが、良い時期も悪い時期もあっという間に

過ぎ去るとわかっているので、その点気楽に構えています。。。

 

 

 

 

 

スイミング 後編

 

泳ぎだしたカマキリを心配で見ていたのですが…

 

↑ 当の本人はどこ吹く風。(笑)

 

↑ 平泳ぎのような、犬かきのような…?

 

 

この後はと言いますと、さっさと陸に上がり、お疲れかと思いきや勢い良く

草をよじ登っていました。なんてアクティブなカマキリなんだと思いましたが

実のところはどうだったんでしょうね。。。

 

 

 

 

スイミング 前編

 

鯉を見ていたら、そのすぐ近くにいたカマキリを発見!

 

↑ 水面に映る自分を見てる…? そんな所にいて危険じゃないのかと思っていたら…

 

↑ まさかのダイブ! え? なんで!? 鯉もアメンボもいるのに〜?

 

↑ ウソでしょ〜、泳ぎ始めちゃったよ〜。

 

 

・・・続く。(笑)

 

 

 

 

とんだ災難

 

昨日 駆け込みで梅雨入りしたと思ったら、湿度が高く体が重い…。苦手な季節です。

 

↑ 同時に カタツムリの季節。そういや、カタツムリって何類なんだろう?

 

 

何類と言えば、コウモリって一体何者なんでしょう?

 

 

一昨日の夜からまるおの写真を移動して、蝋燭を焚いたりお供えをしたりして

翌日の命日に備えていました。そうして ゆっくりとまるおを偲ぶ予定でしたが…

 

 

私がお風呂から上がって髪を乾かしていると、夫が「2階のトイレから音がする!」

と言うのです。それを探りに行ってまもなく「うわっ!」という叫び声がしたので

行ってみると、外した換気扇の覆いの中に小さな黒い糞のようなものが大量にあり

もうぶっ倒れそうになりました。

 

 

その時は鳥が換気扇の中に入り込んだのかなぁ、とか

だから昨日から換気扇が動かなかったんだ、とか色々言い合っていたのですが

翌日出社した夫から電話があり「どうやらコウモリの仕業らしい」と。

 

 

そして、そのコウモリの糞は非常に危険で病原菌がいっぱいという事らしく

帰宅後また大掃除をしてくれました。

 

 

それ以後、2階のトイレの換気扇は付けっ放しにすることに。

元々24時間換気用だから そうしておくべきだったのですが、ずっと私が

「うるさいから」「もったいないし」と、言うことを聞かなかったのです。

 

 

それにしても、とんだ災難でした。

コウモリなんて、二十年以上前に隣りの市で見掛けて以来だったし、今回も

その姿を見たわけではありませんので。

皆様もどうかお気を付け下さいね。。。

 

 

 

 

六年

 

早いものでもう六年。小学生なら卒業しなきゃいけない…。

 

↑ 愛猫まるおは、いつもこうして私のいる所へ来てくれた。

 

↑ 最後の一、二年は、かなりしんどかったと思う。ごめんね、無理させて。

 

 

安らかに息を引き取って、幸せそうな顔をして、そのままずっとそばにいたいと

願ったあの日から今日で六年。まだまだ会いたい気持ちでいっぱいです。

 

 

ちょうどひと月前、いつものように天国のまるおに話し掛けていました。

まるお本人は無理だろうから、そっくりな猫に会わせて欲しい、

出来れば抱っこしたい、と。

 

 

その日の7時半頃 帰宅した夫がなぜか勝手口から私を呼び、戸を開けてみると

遠くにまるおに似た猫がこちらを向いて座っていました。

夢かと思いました。すぐ「まるおだ、まるおが呼んでくれたんだ」と思いました。

 

 

慌てて玄関を出て夫と見ていたら、そこへご近所猫のマメちゃんがやって来て

3対1の構図になったので、私だけ少し近付こうとしたら残念ながら逃げられて

しまいました。全く人馴れしていない様子で、警戒心たっぷりなシャム猫さん…

あのコを見たのはもちろん初めてで、この界隈にはマメちゃんとマイケル以外

いないと思っていたし、実際それ以後一度もその猫に会えていません。

 

 

ちょっと不思議な出来事でしたが、実はこういう事はよくありまして

まるおにお願いすると、結構な確率できいてくれます。

その内容は 些細で漠然としたものばかりですが、結果が出るところが凄いし

その実績は上がるばかり。

 

 

しかし、余り人には言えない事ばかりなので(興味もないでしょうし・笑)

夫に話をするくらいです。普段は疑り深い人なのに、信じてもらえるから。。。